信仰の証
主の恵みを交わし。

星の数ほどの勝利をありがとう(野崎 旬子)

投稿者
tbic
投稿日
2020-12-29 00:12
閲覧数
203
「神さま、あなたが私に与えて下さった美しい創造物を感謝します。そして今日という新しい一日を与えて下さり、ありがとうございます。」

この簡単な感謝の祈りで私に一日が始まるようになったのはごく最近のことです。私の家の小さなベランダから見える青く澄み切った空、夜空いっぱいの美しい星を眺めるたびに、創造主である神さまの愛の大きさと深さに感謝がこみ上げてきます。イエスさまに出会っていなかったら、どのような人生を送っていたか想像するだけでもぞっとします。

私がイエスさまに出会ったのは、石垣島の小さな教会で私がまだ一四歳の時でした。教会に行きたいと思った動機は、極めて不純で、無料の英会話が習えたからです。あの頃の島には、外国人といえばアメリカ人の宣教師の家族だけで、英会話スクールなどはなかったのです。教会へ行くと好きな英語が勉強できるので、毎週楽しみに教会の英会話講座に通ったものでした。そのうち日曜礼拝に出席するようになり、ある晩の特別伝道集会でイエスさまが私の罪の身代わりになって十字架にかかって死んで下さったことを知り、泣きながら一つずつ罪を告白して、イエスさまを救い主として心に受け入れる祈りをしました。それ以来、様々な日常の体験を通して、神さまは聖書の言葉の約束が真実であることを私に教えてくれました。

ごく最近も神さまからたくさんの祝福と霊的解放をいただき、偉大な神さまの御名をあがめました。私はある女性から多額の借金をしたことで、約七年間、苦しみのドン底に落とされました。今思えば、それが私の霊的束縛の始まりだったのです。言葉にできないほどの圧迫を受け、私はただもがき苦しみました。心に喜びがなくなり、いつもその女性からの脅迫じみた電話に心かき乱され、祈ることさえも困難な状態になりました。ついに原因不明の病気に三カ月間苦しみました。医者に診てもらっても、ひどい目まいの原因は分からず、ついには起き上がることも出来ないほど体は衰弱しました。体調が良くなると、今度は何度も交通事故に遭いそうになったりと奇妙なことばかり周りで起こり始めました。後でわかったことですが、その女性は沖縄のユタ(霊媒師)信仰をしており、事あるごとに私のために、いろいろな寺や拝所巡りをしていたらしく、それによって私は様々な霊的な攻撃を受けていたのです。

平成一〇年十二月の末にいよいよ残金の数百万円を支払うことになっていたのですが、支払いのめどは全くなく、一〇月の頃から神さまに毎晩泣きながら、助けてくださいと祈っていました。そんなとき、神さまは「あなたがたのあった試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。」(コリント人への第一の手紙一〇・13と御言葉で慰めてくれたのです。きっと神さまは私を助けてくれると祈り続けました。また神さまは、私のためにとりなしの祈りをしてくれる方も与えて下さいました。

十一月のある夜、いつものように感謝の祈りをして床についたのですが、なかなか寝つけず明け方になってやっとうとうとしかけた頃、寝室のドアの方から黒い影のようなモノが私の方に近づいてきたかと思うと、次の瞬間、真っ黒い手で首を絞められるという恐ろしい体験をしました。そのときはっきりと「お前を殺してやる」という声を聞いたのです。私は心の中で思いっきり、「イエス・キリストの御名によって悪霊よ去れ!」と叫びました。意識ははっきりとしているのに、口が思うように動かず、声が出ません。全身の力を振り絞って「イ・エ・ス・の・御・名・に・よっ・て」ともう一度叫んだ時、悪霊はすっと立ち去り、あの異様な圧迫感がたちまち体から抜けたかと思うと、何とも言えない解放感に満たされました。

「信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされます。」(マルコによる福音書一六・17-18

この聖書の言葉が本当であることを体験しました。その頃、神さまは、以前に借金のことで私を苦しめてきたその女性を赦す祈りをしたにもかかわらず、まだその人に対し苦々しい思いを持っており、心からその人を赦せないでいることに気づかせてくださいました。とりなしの祈りをして下さっている方にもそのことを指摘され、私はすぐに悔い改め「イエスさま、彼女を心から赦します。私の罪をお赦しください。そして彼女の祝福をお願いします」と祈りました。嫌な思いが心を支配しようとするとすぐに「イエス・キリストの御名により、否定的な思いよ、私の心から今すぐ出ていけ!」と祈ると心が守られました。

さて、神さまは私の信仰を何度も試されたことがあります。悪魔は私の弱点をよく知っていて、その一番弱い所をめがけて攻撃してきました。十二月の上旬頃、私はこのように祈っていました。

「経済的な必要を満たしてください。支払いが全部できますように助けてください。私は一生懸命これからも働きます。今月の末には残金を全部支払わなければならないのです、神さま」

その時、聖書の言葉を通して神さまが私の心に語り掛けて下さいました。

「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。」(へブル人への手紙十一・6

簡単に信じるといっても、そのとき、私の財布も通帳もほとんど空の状態でした。信仰はどこかへ吹っ飛んでしまい、神さまの約束に目を留めるよりも現実に捕らわれてしまい、失望感に心を支配されてしまいました。自分が本当に惨めに思えてきました。穏やかな心でいられず、喜びもなくなり、なんと私は弱い人間だと思いました。しかし、そんなときも神さまは私の信仰が守られるように、家族を使って下さいました。妹が断食の祈りをしてくれたのです。私は神さまに「信仰を増し加えてください」と祈り続けました。そのたびに神さまは私の心に「へりくだり、忠実なしもべでありなさい」と語るのです。「主よ、従います。あなたを第一とします」と私は神さまに祈りました。

さて、そんなおり、信仰の試しがいよいよ迫ってきました。支払い日が目の前に近づいてきたのです。私は神さまに「どうか十二月二八日までに必要金額を満たしてください」と祈り、聖霊に導かれるままに罪を悔い改め、身を聖め、断食の祈りをしました。悪魔も必死で、そのような祈りは聴かれないとの疑いの矢を放ってきました。そしてギリギリまで私は信仰を試されました。どのように神さまが応えて下さるのかわくわくしながら、完全にゆだねて主を誉め讃えているうちに信仰が湧いてきて確信が出てきました。

ハレルヤ!その祈りは応えられ、全額与えられました!主は生きていて私たちのうちに働かれるのです。私のために祈ってくださっていた方々が、私のために捧げてくださったのです。神に不可能なことはありません(ルカによる福音書一・37参照)。

現在、私の家では毎週火曜日にとりなしの祈り会がもたれています。神さまは、私に祈りの素晴らしさ、特に隣人(他人)のために祈る、とりなしの祈りの大切さを、私のために祈っていてくださった姉妹を通して教えて下さいました。この祈り会は、毎回時間を忘れて深夜にまで及び、祈り交わる信仰の友がたくさん加えられています。また沖縄にある私の教会では、聖霊の働きがたくさん起こっています。神は霊です。そして私たちも霊的な存在です。ですから、どんな戦いでも神さまにお願いすれば、生きて働かれる神さまは勝利を与えて下さいます。私の教会の牧師がいつもおっしゃることは、「悪霊を恐れるのではなく、主を畏れましょう」です。そうです!神さまに従って勝利を得るのです。きっとあなたの祈りにも神さまは応えて下さいます。

私はこれまでに星の数ほどの祈りを捧げ、そしてそのリクエストと、ほぼ同数の祝福と勝利を受けました。夜空を見上げるたびに、主の恵みを数えます。神さま、本当にありがとう!
合計 34
手順 タイトル 投稿者 投稿日 推薦 閲覧数
33
New 引きこもり経験を生かして(野々村 須寿子)
tbic | 2021.04.05 | 推薦 2 | 閲覧数 10
tbic 2021.04.05 2 10
32
真の救い主・イエスさまとの出会い!(上田 洋一)
tbic | 2021.03.30 | 推薦 2 | 閲覧数 24
tbic 2021.03.30 2 24
31
友達を通して、私の背中を押して下さった神さま(金城 奈津子)
tbic | 2021.03.22 | 推薦 2 | 閲覧数 35
tbic 2021.03.22 2 35
30
長いトンネルを抜けて(高石 公夫)
tbic | 2021.03.16 | 推薦 2 | 閲覧数 38
tbic 2021.03.16 2 38
29
「三年寝太郎」の目覚め(木村 政男)
tbic | 2021.03.08 | 推薦 2 | 閲覧数 41
tbic 2021.03.08 2 41
28
トイレに近い者から三浦綾子の本によってイエス・キリストに近い者へ(井上 隆之)
tbic | 2021.02.28 | 推薦 2 | 閲覧数 47
tbic 2021.02.28 2 47
27
イエスさまに乾杯!(竹本 英美)
tbic | 2021.02.21 | 推薦 2 | 閲覧数 48
tbic 2021.02.21 2 48
26
神の愛娘にしてイチローの妻(鈴木 孝枝)
tbic | 2021.02.15 | 推薦 2 | 閲覧数 72
tbic 2021.02.15 2 72
25
ヨルダン川の畔で導かれて(鈴木 伊知郎)
tbic | 2021.02.11 | 推薦 2 | 閲覧数 82
tbic 2021.02.11 2 82
24
私が日本に住んでいる理由(鄭 劭英)
tbic | 2021.02.02 | 推薦 3 | 閲覧数 146
tbic 2021.02.02 3 146

主の御名によって 歓迎いたします。

TOP

東京ベイ国際教会

千葉県浦安市北栄1-16-5-3F(302号)

Tel :090 – 8116 – 9372 / jeenbd9994@yahoo.co.jp

Copyright (C) 2019 www.tokyobaychurch.com All Rights Reserved.