メッセージ
あなたのみことばは, 私の 足のともしび, 私の 道の 光です.
詩篇 119:105

マルコの福音書5:25-34(あなたの信仰があなたを救った)

投稿者
tbic
投稿日
2023-06-25 23:42
閲覧数
268
マルコの福音書5:25-34『そこに、十二年の間、長血をわずらっている女の人がいた。26.彼女は多くの医者からひどい目にあわされて、持っている物をすべて使い果たしたが、何のかいもなく、むしろもっと悪くなっていた。27.彼女はイエスのことを聞き、群衆とともにやって来て、うしろからイエスの衣に触れた。28.「あの方の衣にでも触れれば、私は救われる」と思っていたからである。29.すると、すぐに血の源が乾いて、病気が癒やされたことをからだに感じた。30.イエスも、自分のうちから力が出て行ったことにすぐ気がつき、群衆の中で振り向いて言われた。「だれがわたしの衣にさわったのですか。」31.すると弟子たちはイエスに言った。「ご覧のとおり、群衆があなたに押し迫っています。それでも『だれがわたしにさわったのか』とおっしゃるのですか。」32.しかし、イエスは周囲を見回して、だれがさわったのかを知ろうとされた。33.彼女は自分の身に起こったことを知り、恐れおののきながら進み出て、イエスの前にひれ伏し、真実をすべて話した。34.イエスは彼女に言われた。「娘よ、あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい。苦しむことなく、健やかでいなさい。」』

皆さん、私たちはなぜ病気になるのでしょうか?ほとんど、いつもイエス様が病人を癒される時は「あなたの信仰があなたを救ったのです。」と言われました。

救い」という言葉は、ギリシャ語の「ソーゼイン」という言葉から来ていますが、これにはただ「救い」という意味だけではなく、「癒される、救助される。」という意味があり、「危険から守られる。」という意味もあります。だからこの意味は私たちの健康が回復され、また「完全な人になる。」という意味があります。病人には必要なことがたくさんありますが、イエス様は私たちの癒し主であり、救い主として私たちの必要を満たしてくださる良いお方です。

皆さん、まず言っておきたいことは、私たちが病気になることは神の御心ではありません。それを私たちは、よく理解しなければなりません。なぜなら、病気が癒やされない方の中には自分の病気が癒やされないのは、病気が神の御心であると信じ続けている人がいるからです。

しかし神様が私たちを、母親の胎内で形造ったときには、私たちを病人や欠陥のある人のようにはお造りになりませんでした。神様はこの人を盲目にして世に送り出そうとか、この人は胃潰瘍にして一生苦しむようにしようとか、この人はガンで亡くなるようにしようとか、そのように神様は人をお造りになりませんでした。病気は人の誤りの結果であって、神の御心ではありません。

逆に神の御心は、私たちが健康であることなのです。ヨハネの手紙第三の1:2のように、『愛する者よ。あなたが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。

それでは、病気は神様から来ているのではないとしたら、どこから来ているのでしょうか?聖書には、第一番目の原因として罪が挙げられています。イエス様が半身不随の病人を、いやされた後に言われたことがあります。

ヨハネの福音書5:14、『その後、イエスは宮の中で彼を見つけて言われた。「見なさい。あなたはよくなった。もう罪を犯してはなりません。そうでないともっと悪い事があなたの身に起こるから。」

このように、罪は私たちを病気にさせるのです。多分、今こう考える方がいらっしゃるかもしれません。「私は大変な罪を犯したけど、本当に健康だ」と。それは「私たちの罪を覆う神様の恵み」であることをちゃんと覚えてください。しかし神様の恵みを甘く見てはいけません。今その人は、お母さんや奥さん、または周りの人々の祈りによって、守られているかもしれません。しかしその人の人生は、これから長く続く中、犯した罪によって病気になる可能性が高いから、悔い改めなければなりません。

皆さん、なぜ罪が病気を引き起こすのでしょうか?私たちの内側には、聖霊様が住んでおられますが、私たちが罪を犯す時、聖書には聖霊様が悲しむと書いてあります。もし私たちが聖霊様を悲しませると、聖霊の働きの一つである癒しを完成することができなくなるからです。

また罪は、罪を犯すことによって、その人の免疫力を低下させます。例えば、同性愛によって発生するエイズは、そのエイズ患者から免疫力を奪い取ります。そして、体の全身に病気が広がるわけです。ガンも似ているタイプの病気です。さらに、罪は恐れへの扉を開いて、悪魔への扉を完全に開けます。

もちろん私はみなさんの病気の原因が全て罪であると言っているのではありません。しかし私たちの病気の原因を探る前に、私たちが最初にしなければならない事とは、恵みによって受け取った救いという神からのプレゼントを自分の物にする必要があります。なぜなら、イエス様が私たちの罪のために死んでくださったとき、私たちの罪の結果(病気)からも解放してくださったからです。また、もし病気の原因が罪だとしたら、私たちが罪を告白する時に癒されることができます。

例えば、ダビデは罪を犯した後、その罪を認めようとしませんでした。それで病気になりました。しかし癒された後に、ダビデはある宣言をしています。詩篇32:1、『幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。』 3、『私は黙っていたときには、一日中、うめいて、私の骨々は疲れ果てました。』 5、『私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪を主に告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました。

そして次に、私たちが病気になる原因は聖書によると、自分の家系から受け継いでいる罪の結果だと言われます。弟子たちがイエス様に、こう聞いています。ヨハネの福音書9:2に、『弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」』もちろん、この個所でイエス様の答えは、病気は両方(その人と両親)とも関係なく、神のわざが現れるためだと言われましたが、聖書は多くの場合、病気は祖先の犯した罪によって継承されるものだと言われます。それはお父さん、おじいさん、ひいおじいさんの罪から来るものです。だから申命記5:8-9では、こう言われます。「あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、どんな形をも造ってはならない。それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼす。」とあります。

しかし良いお知らせは、イエス様がその家系の呪いを打ち破るためにも死なれたとあります。それゆえ私たちは両親、祖父母、曾祖父母が犯した罪を告白する必要はありません。でも、家系の罪がどんなものだったかは調べる必要があります。なぜならば、私たちも同じことを繰り返す可能性があるからです。ちゃんと調査して、祖先の罪を繰り返さないように、その影響を事前に防ぐ必要があります。祖先の偶像礼拝や、魔術、占い、姦淫の罪、暴力、ねたみ、かげぐち、などの家系の罪は病気へと、扉を開くものだからです。

私たちはその家系の呪いを打ち砕く必要があります。病気をもたらす悪霊たちに、「イエスの名によって出て行け」と命じなければなりません。そうでないと、彼らはずっと、そこに留まり続け、私たちを悩まし続けると思います。彼らは私たちが神に対して疑いを持つようにさせたり、また、この病気で必ず死ぬ、親が69歳で死んだから自分も69歳で死ぬ、と信じこませるわけです。その悪霊をイエスの名によって追い出し、受け継がれる病気の遺伝子を断ち切らなければなりません。

また聖書は、自ら招く病気についても教えています。それは不平不満、うわさ話、悲観的な言葉、否定的な宣言から来るものです。例えば「あーお腹が痛い、きっとガンだ」と言ったり、人を操って自分の目的を果たそうとする仮病から来るものがあります。私は中学生の時、「今日は学校に行きたくない。何か頭が痛い気がする」と言ったとたん、本当に頭が痛くなって、学校を休んだことがあります。なぜでしょうか?自分の口で病気を招いたから、それが現実になったわけです。自分の否定的な言葉、偽りの仮病などは、悪魔への扉を開く、災いの原因となります。

これらを防ぐ秘訣は信仰による祈りです。ヤコブの手紙5:15、『信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。』信仰による祈りは、ただ一回の祈りではなく、生活スタイルなのです。毎日信仰によって「私は健康である」と宣言する必要があります。聖書が健康というときに、過去形でこう書いてあります。例えば、「イエス様が私たちの病をすべて持っていかれた。」と過去形で書いてあります。だから私たちはそれをいつも宣言しなければなりません。

そうしたら、どのようにすれば、それを成し遂げることができるのでしょうか?その秘訣がテサロニケ第一5:17です。『絶えず祈りなさい』です。つまり、祈ることをやめないで、祈り続けることです。皆さん、毎日祈ることによって、真の喜びを味わってみてください。病魔が一つの道にやって来て、七つの道に逃げ去ります。

聖書による、そのほかの病気の原因は、悪魔と悪霊のしわざです。この種類の病気は医学では治すことができません。使徒の働き10:38、『それは、ナザレのイエスのことです。神はこの方に聖霊と力を注がれました。このイエスは、神がともにおられたので、巡り歩いて良いわざをなし、また悪魔に制せられているすべての者をいやされました。

ここでは、病気が悪魔からの抑圧であることを語っています。イエス様が病人をたくさん癒やした中で、ただ一人の場合だけ、その病気のところに触り、健康を宣言しました。まず最初に病気をもたらした悪霊を追い出す必要があったからです。それで病人に直接触って、健康を宣言する前に、悪霊を追い出したわけです。だからもし皆さんの中で病気が癒されないのであれば、もしかしたらその病気の原因は悪霊のしわざかもしれません。そうしたら、まずその悪霊をイエスの名によって追い出す必要があります。

そしてまた、聖書による、病気になる原因は自分の健康に自分が気を付けないからです。神様は私たちの体を驚くべき方法で設計され、体が自然に自分で癒すシステムを造られました。もし私たちが自分の体の叫び声に聞き従うことができるなら、私たちはいつも健康でいられると思います。しかし私たちは自分の体の言うことに従いません。皆さん、欲求と空腹には大きな違いがあります。人間は三日間空腹を覚えずに過ごすことができるそうです。しかし多くの人はもう二時間たったから、お腹がすいたと信じ込んでいます。それは欲求です。悪い習慣です。また体が運動をするように求めている時、それをちゃんと聞くべきです。また体が水を飲むように求めている時は、それを直ちに実行しなければなりません。こういう風に私たちの体は自分で健康を保つようになっているのですが、私たちは自分の手足でそれを助ける必要があります。どのように助けるのでしょうか?それは良い信仰をもって、良いことを言い続け、それを実践することです。そのためには、御言葉(聖書)が私たちに何を言っているかを、ちゃんと聞くことにつながるわけです。

そして私たちは毎日、体のために病気の原因となる毒素を減らす手助けをしなければなりません。それは毎日運動することです。現代科学では毎日20分歩く人は健康になると言われています。最低20分です。それも毎日です。しかし現代に生きる私たちは、すぐ歩ける距離でも車で行ってしまいます。悔い改めなければなりません。

次に水を飲むことです。水は神の素晴らしい創造物です。これに代わるものはありません。アルコールや、タバコ、ドラッグをやめ、ビタミン剤ではなく野菜をとり、砂糖や油の摂取をやめ、健康的な食事をとるなら、私たちはずっと健康になります。

皆さん、ヨハネの福音書5章に出る、ベテスダの池のことを思い出してください。イエス様がその場所に入られたとき、そこには大勢の病人がいました。その中に38年の間、病気の男がいました。初めにこの個所を読んだ時、私が感じたのは、この男は癒しの奇跡を受けるのに、一番悪い場所にいたと思いました。なぜでしょうか?周りが病人だらけの所で、病人が病人たちに囲まれていたからです。そして病人たちは大体自分の病気のことしか話題にしません。自分の病気については医者よりもよく知っています。しかし病気について知識があっても、解決策については、あまり知らないのです。知っていたら、もう治ったでしょう。だからその病気の男は38年間、ずっと病気のままだったと思います。

皆さん、病気が癒されたいなら、病人だらけの所ではなく、信仰がある所(イエス様の所)へ行かなければなりません。賛美と礼拝の場所、御言葉が語られる場所に行かなければなりません。それは教会です。しかし皆さん、ちゃんと覚えてください。逆に病院は病気の場所であり、病人たちが集まって、悲観的な話をする所です。恐れと死、ウィルスとバクテリアで満たされている所が病院です。だから真の癒しを体験したいのなら、病院ではなく、イエス様の所、教会に来てください。

そしてその38年間、床に伏せっていた人に、イエス様は何と言われましたか?ヨハネの福音書5:6に、『イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って、彼に言われた。「よくなりたいか。」』そして8-9節に、『イエスは彼に言われた。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出した。』とあります。

ここで、主が私たちに語っていることは何でしょうか?行動が伴う信仰です。病気の人は床に伏せっていました。何もしていませんでした。しかしイエス様は「立ち上がりなさい。起きなさい。」と言われました。彼は今まで立ち上がることを考えもしなかった人でした。しかし立ち上がって歩き出しました。これが信仰です。

また生まれつきの盲人をイエス様が癒したときも、思い出してください。ヨハネの福音書9:6-7に、『イエスは、こう言ってから、地面につばきをして、そのつばきで泥を作られた。そしてその泥を盲人の目に塗って言われた。「行って、シロアム(訳して言えば、遣わされた者)の池で洗いなさい。」そこで、彼は行って、洗った。すると、見えるようになって、帰って行った。

皆さん、多くの人はこのシロアムの池で奇跡が起きたと信じています。しかし、そうではありません。奇跡が起きるには、まず行くこと、そして何かをすることで奇跡は起きるのです。それが信仰です。なぜでしょうか?信じないと行動しないからです。だからその盲人も信じたから、そこに行って目を洗ったと書いてあります。そして見えるようになって帰って行ったのです。

また別の盲人をイエス様が癒した記事がマルコの福音書10章に出るのですが、その盲人(バルテマイ)にイエス様は次のことを聞きました。「私に何をしてほしいのか。」多分この盲人はこう思ったかもしれません。「見えるようになることに決まっているじゃないか」と。しかしイエス様は、私たちが自分の口で待ち望んでいることを告白するのを願っておられます。それが信仰だからです。それで、その盲人は大きな声で叫びました。「主よ。目が見えるようになることです。

皆さん、私たちは今ここに(この礼拝の場所に)、イエス様がいらっしゃることを信じなければなりません。そして神様が私たちに何かを語っておられることを聞かなければいけません。聞いたら、それを口で告白し、行動に移ることです。そうしたら必ず奇跡を体験し、神の栄光を見るはずです。その時、真の癒しが私たちのものになると思います。

・信仰によって癒された経験があれば、分かち合いましょう。

祈ります。

愛する天のお父様、ここが癒しの場所であることを信じます。あなたの恵みの場所であることを信じます。そして、あなたが十字架を通して、その御業を完成してくださったことも信じます。今私たちはあなたの臨在の中で御前に出ています。だから私たちの健康を邪魔しているものの原因を教えてください。もし罪が原因でしたら、どうぞこの場で神様に告白できますように。主よ!私たちの罪をお赦しください。もし自分の悪習慣が病気の原因であるなら、その悪習慣を断ち切ります。アルコルを、タバコを断ち切ります。恨みや妬み、嫉妬、占いと偶像礼拝を断ち切ります。今癒してください。そして新しい人生が始まるように、どうぞ主よ、助けてください。

「今私たちの病気の扉を開けることになったあらゆる罪を、イエスの御名によって断ち切ります。今信仰によって、それらを打ち砕きます。イエスの御名によって、命じる!全ての病気をもたらす悪霊どもは、ここから出て行け!病気の霊よ、今すぐ出て行け!ガンの霊よ、出て行け!糖尿病の霊よ、出て行け!精神を苦しめる霊よ、出て行け!私たちの体は聖霊が宿っている聖なる宮だ!すべての病気の霊どもは、イエスの御名によって命じる!今すぐ、出て行け!」

主よ、これからは病気を受け入れません。イエス様が私の病気のために、すでに死んでくださったからです。私の罪の為に死んでくださったからです。またイエス様の御名によって祈ります。すべての私たちの家系の呪いを打ち砕きます。これから私たちの先祖の犯した罪を繰り返しません。今イエス様の御名によって、健康を宣言します。この朝、私たちは健康であることを宣言します。私はもう健康です。ハレルヤ!イエス様の御名によって感謝してお祈りします。アーメン。
合計 153
手順 タイトル 投稿者 投稿日 推薦 閲覧数
153
New ヨハネの福音書14:27(不安からの解放)
tbic | 2024.07.15 | 推薦 1 | 閲覧数 18
tbic 2024.07.15 1 18
152
マタイの福音書11:28-30、イザヤ書61:1-3(疲れた人、重荷を負っている人への招き)
tbic | 2024.07.08 | 推薦 1 | 閲覧数 30
tbic 2024.07.08 1 30
151
サムエル記第二15:12-23(苦難の問題)
tbic | 2024.07.06 | 推薦 1 | 閲覧数 33
tbic 2024.07.06 1 33
150
サムエル記第一30:1-6(苦難が与える有益)
tbic | 2024.07.03 | 推薦 2 | 閲覧数 58
tbic 2024.07.03 2 58
149
マタイの福音書18:18-20(祈ることを決心しなさい)  
tbic | 2024.07.03 | 推薦 1 | 閲覧数 67
tbic 2024.07.03 1 67
148
使徒の働き20:23-24(使命に命をかけなさい)
tbic | 2024.06.09 | 推薦 0 | 閲覧数 74
tbic 2024.06.09 0 74
147
ルカの福音書6:12-16(変えられない人は誰もいない)
tbic | 2024.06.02 | 推薦 1 | 閲覧数 80
tbic 2024.06.02 1 80
146
ヨハネの黙示録3:1-13(ダビデの鍵を持っている方)
tbic | 2024.05.26 | 推薦 1 | 閲覧数 101
tbic 2024.05.26 1 101
145
コリント人への手紙第二3:6-18(文字は殺し、御霊は生かす)
tbic | 2024.05.19 | 推薦 1 | 閲覧数 179
tbic 2024.05.19 1 179
144
ヨハネの黙示録14:14-20(愚かな人生を生きてはならない)
tbic | 2024.05.12 | 推薦 1 | 閲覧数 119
tbic 2024.05.12 1 119

主の御名によって 歓迎いたします。

TOP

東京ベイ国際教会

〒279-0042 浦安市東野1-6-18

Tel :090 – 8116 – 9372 / jeenbd9994@yahoo.co.jp

Copyright (C) 2019 www.tokyobaychurch.com All Rights Reserved.